シカゴ地下鉄車両、中国中車が事業落札 急カーブ、厳寒など特殊環境に対応 (1/2ページ)

2016.3.16 06:57

 鉄道車両大手、中国中車によると、米シカゴ交通局(CTA)は今月上旬、中国中車の傘下企業がCTAの地下鉄車両846両の事業を13億ドル(約1478億7500万円)で落札したと発表した。

 これはシカゴで行われた鉄道車両の入札としては過去最大規模で、中国軌道交通設備企業が先進国に輸出した中でも最大の地下鉄車両事業となると、中国中車は説明している。

 シカゴには米国で2番目に大きな公共交通システムがあり、軌道交通の歴史は1947年からと古い。現在は8本の地下鉄(高架鉄道を含む)が運行しており、営業距離は全長170キロメートル。

 CTAは2014年、全地下鉄車両の半分に当たる846両を国際入札で調達し、旧型車両に置き換える計画を発表していた。

今回落札した7000系車両はステンレス製の車体で2両編成

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。