イラン生産20年ぶり大幅増 2月の原油 OPEC月報

2016.3.16 05:00

 石油輸出国機構(OPEC)は14日公表した月報で、国際的な制裁が解除されたイランの石油生産が2月にほぼ20年ぶりの増加幅を記録したと明らかにした。OPECによると、2月のイランの産油量は日量313万バレル。前月比で18万7800バレル増え、増加幅は1997年以来の大きさとなった。同月にロシアと生産水準維持で暫定合意したサウジアラビア、カタール、ベネズエラの産油量は前月とほぼ同じだった。OPECはまた非加盟国の生産減少が進んでいないことから、今年のOPEC産原油に対する需要見通しを引き下げた。

 今回の月報では、2月16日に成立した生産水準維持に関する暫定合意や、他の産油国から生産維持に対する支持を集めようと現在進めている協議に言及していない。今年のOPEC産原油の需要見通しは日量約10万バレル下方修正し3152万バレルとした。

 OPEC月報がメディアや予測機関などの二次情報源に基づくデータとして伝えたところによると、加盟13カ国の2月の生産量は前月比で日量17万4800バレル減の3228万バレル。イランの増産以上に、イラクとナイジェリアの減産が大きかった。イラクはトルコに向かう北部の輸出パイプライン閉鎖で生産が阻害され、ナイジェリアは代表的油種の一つ「フォルカドス」の積み出し停止が響いた。(ブルームバーグ Grant Smith)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。