ヒマラヤ航空、今年上期に営業開始

2016.3.16 05:00

 開会中の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の代表(議員)であるチベット自治区のロサン・ギェンツェン主席はこのほど北京で、チベットは現在、包容、開放、協力を柱とする政策体系の策定を加速しており、開放型経済を発展させると述べた。主席は「チベットはインド、ネパールなど南アジア諸国と隣接しており、国境の長さは4000キロ余り。歴史上、中国と南アジア諸国が行き来する重要な門だった」と語った。中国政府はチベットを、南アジアに向かって開放された重要な通路とする方針を打ち出しているが、同主席はチベットが重要な通路になれば、中国と南アジア諸国の陸路、空路による交流が促進されるようになると語った。チベット航空とネパール航空が共同で出資して設立したヒマラヤ航空は今年上期、正式に営業を開始するという。(中国新聞社)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。