東証、一時200円超上昇 米国株高の流れ引き継ぐ

2016.3.17 13:02

 17日午前の東京株式市場の日経平均株価は大幅に反発し、上げ幅は一時200円を超えて節目の1万7000円台を回復した。米連邦準備制度理事会(FRB)が今後の利上げペースを緩やかにすると示唆したことを歓迎し、前日の米国株が上昇した流れを引き継いだ。

 午前終値は前日終値比235円12銭高の1万7209円57銭。

 前日に米国の中央銀行に当たるFRBは追加利上げを見送ると決めた。利上げに伴って世界景気に悪影響が及ぶとの懸念が後退し、東京株は朝方から幅広い業種の銘柄に買いが集まった。

 FRBの発表後、外国為替市場は円高ドル安方向に振れた。ただ「急激な円高進行とはならなかった」(大手証券関係者)との見方があり、輸出関連銘柄を売る動きは限定的だった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。