日本アニメで市場攻勢! 中国IT大手がコンテンツ爆買い「20代の需要大きい」 (4/4ページ)

2016.3.17 07:00

アニメやマンガ関連のイベントで、日本のアニメ作品のブースに立ち寄る人たち。日本のアニメは中国でも人気が高く、テンセントは有料コンテンツと位置づける=2015年7月、香港(AP)

アニメやマンガ関連のイベントで、日本のアニメ作品のブースに立ち寄る人たち。日本のアニメは中国でも人気が高く、テンセントは有料コンテンツと位置づける=2015年7月、香港(AP)【拡大】

 「日本アニメの影響を受けた若い世代の購買力が、現在高まりつつある。中国アニメ市場は今まさに爆発的な伸びをみせる条件が全て整った状態だ」と語るのは、「ドラゴンボール」や「スラムダンク」などの輸入日本アニメを見て育ったという李開復氏だ。李氏は米グーグルが出資する中国のベンチャーキャピタル、イノベーション・ワークスの創設者。同社は国内で9社のアニメ関連企業に投資しており、投資額は合計1億5000万元に上るという。

 中国のアニメ市場は20年までに310億ドル規模へ倍増する見通しだ。

 日本アニメーション協会の最新調査によると、日本のアニメ市場は14年時点で前年比10%増の1兆6000億円だった。(ブルームバーグ Lulu Yilun Chen)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。