「自動運転車に統一規則を」 グーグル、米上院公聴会で訴え (1/3ページ)

2016.3.17 06:47

15日、米上院の公聴会で発言するグーグルの自動運転車ディレクターのクリス・アームソン氏(ブルームバーグ)

15日、米上院の公聴会で発言するグーグルの自動運転車ディレクターのクリス・アームソン氏(ブルームバーグ)【拡大】

 米上院が自動運転車の標準規格化の検討を進める中、米グーグルやゼネラル・モーターズ(GM)など企業の幹部らは15日の公聴会に出席し、州ごとに異なる法規制は自動運転車の開発の障害になる恐れがあると訴えた。

 ピーターズ上院議員(民主、ミシガン州)はインタビューに対し、「全米の統一的なルールが決定的に重要だ。自動運転車は各州をつなぐ高速道路も走行する。法律が州ごとに異なれば、実用化に向けた作業のペースは低下し、混乱を招き、さらには安全性や技術の向上に支障が出る」との見解を示した。

 ピーターズ議員は、間違いを起こしやすい人間に代わりハンドルを操作する自動運転車のおかげで、運転中の死亡事故は大幅に減少するとみている。2015年の米国内の自動車の死亡事故件数は前年の3万2675件から3万8300件に増加した。

「想像力の欠如で技術革新を遅らせないよう気をつけなければならない」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。