NY株続伸、155ドル高 2カ月半ぶり高値

2016.3.18 08:01

 17日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は5営業日連続で続伸し、前日比155・73ドル高の1万7481・49ドルと約2カ月半ぶりの高値で取引を終えた。原油価格の持ち直しや緩和的な金融環境継続への期待で市場心理が改善し、昨年12月末の終値をことし初めて上回った。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は11・02ポイント高の4774・99。幅広い銘柄で構成するSP500種株価指数は13・37ポイント高の2040・59と今年の最高値をつけた。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が前日、利上げのペースが昨年12月の想定より緩やかになるとの見通しを示したことが引き続き材料視された。緩和的な金融政策が相場を支援するとの期待から幅広い銘柄が上昇した。

 軟調な値動きが続いていたニューヨーク原油先物相場が、終値で1バレル=40ドル台まで回復したことも、株式など高リスク資産に対する買い安心感につながった。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。