国産志向、牛乳が94%で1位 「TPPと食品購入」めぐり意識調査 (1/2ページ)

2016.3.18 07:26

岩手県八幡平市の梶本牧場で搾乳する梶本希さんの妻、美香さん

岩手県八幡平市の梶本牧場で搾乳する梶本希さんの妻、美香さん【拡大】

 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の承認案と関連法案が閣議決定され、4月から国会での審議が本格化する。こうした状況下で、調査会社のネオマーケティング(東京都渋谷区)は「TPPと食品購入に関する生活者意識調査(全国の15~69歳の男女1200人が対象)」を1月に実施した。

 調査結果によると、さまざまな食材のうち国産を買いたい人の比率が最も高かったのは「牛乳」で94.3%。「穀類」の93.7%、「鶏卵」の93.0%より国産志向が強かった。

 中央酪農会議の内橋政敏事務局長は「日本の酪農家への信頼が調査結果に表れた」とみる。「食材や食料品を購入する際に最も重視することは?」との質問に対する回答は「味」(27.3%)、「価格」(26.1%)に次いで、「国産であること」(15.9%)がトップ3に入った。

 TPPが発効するとバター・脱脂粉乳に民間輸入枠が創設され、チーズも関税が削減されていくため、中長期的に乳製品輸入が増加する見通し。人口減で牛乳の消費も減少すると見込まれ、減り続ける酪農家を取り巻く環境はさらに厳しくなる。

先行き不透明な中で規模を拡大しようとしても…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。