【東京市場の注目銘柄】(18日)T&Dホールディングス、2.9%安 (1/2ページ)

2016.3.19 05:00

 ≪マイナス金利で資産運用悪化≫

 【生保】 T&Dホールディングス(8795)が前日比2.9%安の1070円、第一生命保険(8750)が2.5%安の1367.5円。野村証券は17日付の生命保険業界のリポートで、マイナス金利の導入を受けた資産運用粗利の悪化を背景に、上場生保の業績予想を下方修正した。T&Dの目標株価を2000円から1260円、第一生命を3300円から2050円などに引き下げた。

 ■NSユナイテッド海運(9110) 22.5%安の158円と4日続落。2016年3月期業績計画を下方修正し、連結最終利益は前期比56%減の38億円と従来の42億円から引き下げた。ドライバルク(ばら積み貨物船)運賃市況の低迷に加え、2月以降の円高傾向で外貨建て債権債務の為替差損計上が見込まれるため。

 ■セイコーエプソン(6724) 6.4%安の1881円。25年度までの長期ビジョン、19年3月期までの中期経営計画を公表した。最終年度の事業利益目標は960億円(16年3月期想定は820億円)。大和証券は、年平均5%の利益伸び率が物足りないと受け止められた可能性を指摘した。

 ■JUKI(6440) 9.5%高の1004円、終値での1000円乗せは1月6日以来。発行済み株式総数の3.35%に当たる100万株、金額で10億円を上限に自社株取得を行う。期間は18日から12月22日で、当面の需給好転を見込む買いが入った。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。