インド、鉄道網1日7キロ整備・拡充 16年度、予算2兆円超を割り当て (1/2ページ)

2016.3.23 07:32

大勢の通勤客で混み合う西部ムンバイの駅。インドは鉄道の近代化が喫緊の課題だ(AP)

大勢の通勤客で混み合う西部ムンバイの駅。インドは鉄道の近代化が喫緊の課題だ(AP)【拡大】

 インドは鉄道網の整備を加速する方針だ。同国鉄道省は2016年度(16年4月~17年3月)、1日当たり7キロの線路敷設や既存路線の整備を目指す。過去6年間の平均は同4.3キロだった。同国では鉄道の老朽化が経済成長の阻害要因ともされるなか、政府は鉄道の近代化や輸送力の強化に注力する。現地紙ビジネス・スタンダードなどが報じた。

 鉄道省によると、今後は鉄道網の整備・拡充を一段と推進するとし、17年度は1日当たり13キロ、18年度は同19キロと、整備距離を引き上げる。向こう3年で既存の国内路線3万5000キロの電化を完了させる計画だ。

 2月に発表された16年度鉄道予算案では、鉄道整備に前年度比で20%増となる1兆2100億ルピー(約2兆328億円)が割り当てられる。向こう5年で鉄道整備に総額8兆8000億ルピーを見込み、民間からの投資誘致を加速させる。

 プラブ鉄道相は、日本の新幹線方式を導入予定の西部ムンバイ-アーメダバード高速鉄道事業については、計画推進を図る事業体を設置する方針を示した。

一方で、インドは自動車の普及や高速道路の整備などに伴い…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。