リチウム電池、供給不足に 新エネ車好況 原材料価格、前年の3倍 (1/2ページ)

2016.3.29 05:00

山東省済南市で行われた電気自動車(EV)の展示会に出品されたEVのスポーツカー(中国新聞社)

山東省済南市で行われた電気自動車(EV)の展示会に出品されたEVのスポーツカー(中国新聞社)【拡大】

 中国では今年に入り、炭酸リチウムの価格が(1トン当たり)ほぼ毎週約1000元(約1万7420円)のペースで上昇し、今月下旬までに値上げ幅は累計23%に達している。

 新エネルギー車市場の好況でリチウムイオン電池産業チェーンも健闘中だが、原材料価格の上昇と粗利率の低下で、リチウムイオン電池のセル生産企業は苦境に陥っている。

 リチウムイオン電池の原材料価格は2015年から上がり始めた。同年末には値上がり圧力の緩和を目指し価格調整が行われたものの、多くのセル生産企業は製品価格を引き上げた。一部の原材料サプライヤーとメーカーは今後も値上げを決めており、現状から10%増となる可能性もある。

 投資コンサルティング大手、中投顧問のエネルギー産業研究員、宋智晨氏によると、春節(旧正月、今年は2月8日)以降5週間足らずの間に炭酸リチウム価格は4回も上昇、値上げ幅は毎回5000~1万元。水酸化リチウムも値上がりが続いている。今回の値上げは主に川下市場の生産能力の段階的緩和によるもので、炭酸リチウムや水酸化リチウムの需要が増え続け、市場全体が供給不足になっている。

 炭酸リチウム価格は15年年初の1トン当たり4万元から、今年1月には12万元となり、3倍の値に達した。今年4~5月の先物価格は15万元の値がついている。また電解液やセパレーターの価格も上昇している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。