配達ロボ、ドロイド脚光 安くて規制クリアも楽、年内にも実用化 (3/3ページ)

2016.4.20 05:00

走行試験を行うスターシップ・テクノロジーズの配達ロボット=12日、エストニアの首都タリン(ブルームバーグ)

走行試験を行うスターシップ・テクノロジーズの配達ロボット=12日、エストニアの首都タリン(ブルームバーグ)【拡大】

 ◆いたずらは皆無

 マーティンソンCOOは、小型ロボットの製造コストは比較的低いため、デリバリーサービス用に小売店主へのリース契約が可能だと説明。想定配達コストは1件1~3ポンド(約156~468円)。「これまでは配達コストの高さでEコマースから締め出されてきた事業主でも、配達ロボットの導入でオンライン販売を開始できるようになる」と語る。

 同COOによると、スターシップの配送ロボットは試運転間にこれまで数千人の子供を含む約3万人の歩行者に遭遇してきたが、ロボットへのいたずらは1件も発生していないという。同社のフリス共同設立者は「驚くべきことに、人々は瞬時にこのロボットに共感するようだ」と語った。(ブルームバーグ Jeremy Kahn)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。