中国ゲーム2社が100万元賠償 金庸作品のキャラなどを無断使用 (1/2ページ)

2016.4.28 06:39

広東省広州市で1月に行われた金庸氏の武侠小説「笑傲江湖」を題材にした雑技劇(中国新聞社)

広東省広州市で1月に行われた金庸氏の武侠小説「笑傲江湖」を題材にした雑技劇(中国新聞社)【拡大】

 中国のゲーム会社2社が、香港の人気作家、金庸氏の武侠小説に出てくるキャラクターなどをゲーム中に無断で使用したとされる訴訟で、最終審の北京知的財産権法院(裁判所)はこのほど、2社の行為は不正競争に当たると認定、賠償金計100万元(約1713万円)が確定した。

 金庸作品のゲーム使用については、北京暢游時代数碼技術が2013年、「天龍八部」「鹿鼎記」「書剣恩仇録」「碧血剣」「雪山飛狐」といった作品11編の中国本土でのモバイル端末用独占ゲーム化権を取得した。にもかかわらず北京普游天下科技など2社は、自社が開発・運営するモバイル端末用オンラインゲームでその作品中に出てくるキャラクターや武術、武器、一部ストーリーを使用し、ゲームの宣伝でも(小説タイトルの文字を織り交ぜた表現で)金庸作品中の英雄たちが登場することを連想させている。

 このため暢游時代は「(これら2社は)製作コストを抑え、不当に金庸作品の知名度を使ってユーザーの利用を促した」として提訴。不当な競争行為の即刻停止と500万元近い損害賠償の支払いを求めていた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。