ベトナム新政権、外資重視と安全で葛藤 魚の大量死に苦慮 (1/3ページ)

2016.5.3 05:00

ベトナム中部のダナン近郊の漁港に停泊する漁船。魚の大量死問題は同国の漁業に深刻な影響を及ぼしている(AP)

ベトナム中部のダナン近郊の漁港に停泊する漁船。魚の大量死問題は同国の漁業に深刻な影響を及ぼしている(AP)【拡大】

 ベトナムでは4月6~18日にかけて、中部4省の沿岸200キロ以上にわたって、養殖魚を含む数百万匹の魚の死骸(しがい)が見つかった。この件に対する政府の対応に国民の怒りが高まり、同月に発足したばかりの、フック首相率いる新政権は大きな試練に直面している。

 魚の大量死について、政府は原因は不明だと発表。4月28日の声明では、この現象は「経済的・環境的ダメージを与え、漁業を傷つけ、特に国民を困惑させた」と述べた。

 ◆数千人のデモ

 政府の透明性を欠いた態度と対応の遅さは、ソーシャルメディア上で批判の的となり、5月1日には、主要都市と地方部で数千人のデモが行われた。

 ベーカー&マッケンジー法律事務所(ベトナム)のマネジングパートナー、フレッド・バーク氏は「政権にとって初めての危機であり、細心の注意を要する問題だ。数百万人の暮らしが危機に瀕(ひん)し、国民は大きな不満を感じている」と指摘した。同氏は政府審議会のメンバーで、外国投資プロジェクトについて助言を行っている。

 魚の大量死問題は、経済活性化のために外国投資を重視する政府の経済政策に影響を及ぼす恐れがある。というのも、台湾プラスチック・ハティン鋼鉄の製鉄所と海をつなぐ排水管が原因である可能性が国営メディアで報じられているからだ。ベトナム政府は外国投資の助けを借りて、今年の成長率目標6.7%を達成しようとしている。昨年10~12月期の成長率7.01%に対して今年1~3月期は5.46%だった。1~3月期のベトナム投資で、台湾は韓国とシンガポールに次ぐ3位となった。ベトナム政府のデータによると、台湾の同期の投資額は4億6560万ドル(約495億円)。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。