米第7艦隊揚陸指揮艦「ブルーリッジ」上海寄港 外国報道機関にも公開

2016.5.6 20:58

6日午後、中国海軍との信頼醸成などのため、上海市郊外の呉淞軍港に到着した米第7艦隊の揚陸指揮艦「ブルーリッジ」(代表撮影)
6日午後、中国海軍との信頼醸成などのため、上海市郊外の呉淞軍港に到着した米第7艦隊の揚陸指揮艦「ブルーリッジ」(代表撮影)【拡大】

 【上海=河崎真澄】米第7艦隊の揚陸指揮艦「ブルーリッジ」が6日午後、中国海軍との信頼醸成などのため上海市郊外の呉淞軍港に寄港し、到着のようすが外国報道機関にも公開された。

 同艦は4月、香港に寄港した経緯があるが、一方で中国は、南シナ海などで哨戒活動を行った米空母「ジョン・C・ステニス」の香港寄港を拒否している。

 南シナ海での米軍の活動について、第7艦隊のアーコイン司令官は報道陣に対し、「海洋における過度な主張に異議を申し立てるためだ」と述べた。名指しを避けながらも、南シナ海の軍事拠点化を進める中国への警戒感をにじませた。

 同艦は米海軍の横須賀基地が母港。全長は約193メートルで満載時の排水量は約1万9200トン。乗組員は約840人となっている。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。