オラクル対グーグル再び 「アンドロイド」の「Java」特許侵害訴訟始まる (1/2ページ)

2016.5.11 05:00

米カリフォルニア州レッドウッドにあるオラクルの本部(ブルームバーグ)

米カリフォルニア州レッドウッドにあるオラクルの本部(ブルームバーグ)【拡大】

 米グーグルのスマートフォン向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」が米オラクルのプログラミング言語「Java(ジャバ)」に関わる著作権を侵害したとされる訴訟の陪審裁判が9日、サンフランシスコの連邦地裁で始まった。オラクルがグーグルを相手取り93億ドル(約1兆円)の損害賠償を求めている。

 判事が著作権訴訟の「ワールドシリーズ」と評した前回裁判は4年前に足踏み状態に陥り、「アンドロイド」は無傷のままとなっている。判事は当時、最終的に「勝者は1社だけ」となり得ると述べており、オラクルが勝てばグーグルは世界のスマホ端末の8割に使われるOSについて使用料を支払う必要が生じる。ソフトウエアの保護や使用許諾の方法を大きく変える可能性がある。

 9日始まった裁判の主な争点は前回と同じで、グーグルがアンドロイド開発でジャバの一部を使用許諾なしに利用したことが不正に当たるかどうかだ。オラクルは金銭的な損害賠償だけでは失ったものを埋め合わせられないと主張し、グーグルの著作権侵害に終止符を打つための裁判所命令を求めている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。