先進国入りへ直接投資誘致強化 バングラデシュ、昨年の流入額31%増 (1/2ページ)

2016.5.16 05:00

バングラデシュの首都ダッカにある縫製工場で検品する男性ら(ブルームバーグ)

バングラデシュの首都ダッカにある縫製工場で検品する男性ら(ブルームバーグ)【拡大】

 バングラデシュは、国外からの直接投資(FDI)の誘致活動を強化する方針だ。バングラデシュ銀行(中央銀行)によると、2015年のFDI流入額は27億ドル(約2941億円)で前年比31%増となった。政府は41年までの先進国入りを目指し、規制緩和などを推進して投資の呼び込みに注力する。現地紙デイリー・スターなどが報じた。

 15年のFDIの内訳は、再投資が同15%増の11億4000万ドル、企業・グループ内融資が倍増の7億9500万ドルだった。一方、新規投資は7億5800万ドルで1.2%減少した。分野別ではアパレルが5億8900万ドルでトップ、以下、銀行が3億7700万ドル、エネルギーが3億5000万ドルで続いた。

 国・地域別では米国が5億7800万ドル、英国が3億1000万ドル、韓国が2億2700万ドルでトップ3となった。日本は8200万ドルで10番目、中国は5700万ドルだった。主要産業のアパレル業を中心に進出企業の再投資などが活発だったものの、新規投資は減少しており、政府は今後、新規投資の誘致に注力するとしている。

 専門家は新規投資の減少について、空港や港、道路など基礎インフラの整備が遅れていることや、小規模投資に対応できないなど制度・政策面で柔軟性に欠けていることが要因と分析。サプライチェーン(供給網)の構築が遅れているのも新規の投資家を遠ざけている一因と述べた。

 世界銀行が毎年発表するビジネスのしやすさランキングの最新版で、バングラデシュは189カ国・地域中174位と下位に低迷している。アブドル財務相は「外国から人材、技術、投資を受け入れる準備はかつてないほど整っている。投資受け入れに対する渇望もこれまでとは比較にならないほど強い」と述べ、今後は積極的な市場開放とビジネス環境の改善を進める意向を示した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。