「将来の増税は黒雲のようなもの」 浜田宏一内閣官房参与が消費税率引き上げ延期を主張

2016.5.18 10:55

 内閣官房参与の浜田宏一・米エール大名誉教授は18日、1~3月期の国内総生産(GDP)速報値が実質で前期比0・4%増となったことに対し、「四半期のGDPがちょっと増えたといっても、将来の増税というのは黒雲のようなものだ」と述べ、来年4月に予定される消費税増税を延期すべきだとの考えを改めて示した。自民党本部で記者団に語った。

 浜田氏は「GDPに対して過剰な注意が集中しているが、日本人全体の収入が増えているかというのが日本人の生活のための指標だ」と指摘。国と地方の借金が1千兆円超に上ることについては「日本の現役世代は最も子孫に資産を蓄積している。政府は貧乏だが庶民は豊かだ」と述べた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。