【党首討論詳報(1)】安倍首相、消費税は「予定通り引き上げる。リーマン・ショック、大震災級が起こらない限り」 (1/3ページ)

2016.5.18 18:30

国家基本政策委員会合同審査会で討論する民進党・岡田克也氏(左)と安倍晋三首相=18日午後、国会・衆院第1委員室(山崎冬紘撮影)

国家基本政策委員会合同審査会で討論する民進党・岡田克也氏(左)と安倍晋三首相=18日午後、国会・衆院第1委員室(山崎冬紘撮影)【拡大】

  • 国家基本政策委員会合同審査会で討論する民進党・岡田克也氏(左)と安倍晋三首相=18日午後、国会・衆院第1委員室(山崎冬紘撮影)
  • 国家基本政策委員会合同審査会を終え、握手する民進党・岡田克也氏(左)と安倍晋三首相=18日午後、国会・衆院第1委員室(山崎冬紘撮影)

 安倍晋三首相は18日、民進党の岡田克也代表らとの党首討論に臨んだ。党首討論は昨年6月以来、11カ月ぶりで、今国会では初めて。夏の参院選をにらみ来年4月の消費税率10%への引き上げの可否や憲法改正について議論が交わされた。岡田氏が増税先送りを初めて公の場で求める一方、首相は予定通り引き上げるとする従来の答弁に終始。また、首相は憲法改正をめぐり民進党も対案を示すよう岡田氏に求めたが、岡田氏は拒否した。党首討論の詳報は次の通り。

 岡田氏「消費税について議論したい。首相はたびたび、リーマン・ショックや大震災のような出来事がない限り、予定通り来年の4月から10%にすると。リーマン・ショック時代と比べると、現状はそうではないことは誰が見ても分かる。ということは、予定通り10%に引き上げるということか」

 安倍首相「今まで言ってきた通りだ。世界に冠たる社会保障制度を次の世代に引き渡していくために必要だとの考え方のもとに、3%の引き上げを行った。次の2%の引き上げについては、従来申し上げている通り、リーマン・ショックあるいは大震災級の影響ある出来事が起こらない限り予定通り引き上げる考えだが、いずれにせよ、そういう状況であるかないかは専門家に議論していただき、適時適切に判断したい」

 岡田氏「1年半前の衆院解散時の首相の記者会見を思い出す。首相は『10%への消費税増税を再び延期することはない。ここではっきりと断言する。3年間、3本の矢をさらに前に進めることで、必ずやその経済状況を作り出すことができる』と言った。経済判断条項も削除した。つまり、必ず消費税を上げられる状況に持っていく、ということを解散時に約束した。『これはアベノミクス解散だ』と言った」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。