【党首討論詳報(6完)】デビューのおおさか維新・片山虎之助共同代表「大変あがっている」 安倍首相「元気に頑張って」とエール (2/3ページ)

2016.5.18 19:44

国家基本政策委員会合同審査会で討論するおおさか維新の会・片山虎之助氏(左)と安倍晋三首相=18日午後、国会・衆院第1委員室(山崎冬紘撮影)

国家基本政策委員会合同審査会で討論するおおさか維新の会・片山虎之助氏(左)と安倍晋三首相=18日午後、国会・衆院第1委員室(山崎冬紘撮影)【拡大】

 「国会改革や国会の運営の見直しの中でやめるならやめる。形を変えてやるならやるようにする。最後の1分間、2分間で党首同士が争うのは見苦しいと思う。予算委員会も最近は集中審議が多いので、そういうことも含めてよろしくお願いします。消費税は皆さんいわれる話で、われわれは消費税の再増税は再延期するべきだと思っている。予算委員会で何度も首相にも申し上げている。景気は不透明。身を切る改革の成果はないし、軽減税率の財源は見つからない」

 「その上に熊本の地震が収束しない。その中で再引き上げができる環境にないと思う。決断は首相、早い方がいい。サミット(G7首脳会議)があるので、早い方がみんな助かる。ぜひご決断たまわりたい。やっぱり責任問題が出てくる。それから3度目の引き上げも難しい。2度延期すると。それについてご所見をたまわりたい。がたがたしませんから、最後」

 「憲法改正については、昨日参院予算委員会で申し上げたように、今の憲法の良いところは残さないといけない。全面改正は無理だと思う。今国民が切実に思っている実態のあるものについて国民の意向を聞きながら憲法改正をてこに政策を実現する。それをわれわれは3つ挙げている。教育の無償化、保育を含む幼児教育から大学、大学院までを全部無償にする。出生率も上がる。待機児童問題も起こらない。小中学校と同じなのだから。ぜひこういう骨太の政策をやってください。長期政権なんだから」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。