人民元レート、5年ぶり安値 「混乱再発なし」市場は楽観 (1/2ページ)

2016.5.26 07:42

 中国人民銀行(中央銀行)は25日、人民元の中心レートを2011年3月以来の低水準に引き下げた。米連邦公開市場委員会(FOMC)が6月の会合で利上げに踏み切るとの観測が強まり、人民元が今月1%を超える下げとなっている局面での中心レートの引き下げとなる。しかし、市場関係者の間には人民元の下落が世界的な株式市場の混乱を招いた1月のような状況が繰り返されることはないとの見方が広がっている。

 人民銀はこの日、人民元の中心レートを0.3%元安方向の1ドル=6.5693元に設定した。これを受けて、トレーダーが織り込む米利上げの確率が上昇し、ドル指数は2カ月ぶりの高水準に上昇した。

 6月の米利上げ観測が強まる中にあって、人民元は今月1%を超える下げとなっている。世界的な株式市場の混乱を招いた1月の下落以来となる継続的な元安局面だ。その上で人民銀は25日、人民元の中心レートの引き下げに踏み切った。しかし、ABNアムロ銀行のロイ・テオ氏とナティクシス・アジアは、元安がこれからも進行するのは避けられないとしながらも、1月のような混乱が繰り返されることはないとみている。

「人民銀行は教訓を学んだ。1月のように市場をパニックに陥れることはないだろう」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。