経産省 カード不正防止、義務化正式発表

2016.5.27 05:00

 経済産業省は26日に開かれた有識者委員会で、偽造カードなどによるクレジットカードの不正使用の防止策を講じるよう事業者に義務付ける方針を正式に明らかにした。

 カード決済端末のIC化や、インターネット取引でパスワードを入力しないと買い物ができない「3Dセキュア」(本人認証)の導入などを求める。割賦販売法を改正し早ければ2018年から実施する。

 日本は欧米や中国など新興国と比べてもクレジットカードのIC化が遅れており、「国際的な犯罪組織の標的にされている」(経産省幹部)との指摘もある。20年東京五輪・パラリンピックに向け、カードを頻繁に使う訪日外国人客も安心して買い物ができるよう取り組みを強化する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。