香港よりシンガポールが先 不動産の底入れでラサール見解

2016.5.28 05:00

 不動産運用が580億ドル(約6兆3700億円)を超えるラサール・インベストメント・マネジメントは、シンガポールの方が香港より不動産市場の底入れが近いとの見解を示している。

 シンガポール政府と香港当局は不動産相場を抑え、住宅を買いやすくするため、市場抑制策を講じている。アジア経済が減速する中で需要は落ち込み、シンガポールと香港では住宅価格が調整局面に入っている。

 ラサールのクリス・チョウ氏はインタビューで「香港とシンガポールではサイクルが異なる。香港当局の住宅市場抑制策は数年前に導入されたが、最近まで実際の価格調整につながっていなかった」と述べた。

 香港の住宅価格は調整開始前、2003年の底値から昨年9月のピークまで370%上昇。同月からは約13%値下がりしている。中国の景気減速懸念に伴い販売が落ち込んだ。

 抑制策で需要が低迷しているシンガポールでは昨年9月から1.2%下落、13年に付けたピークから9%下げた。03年から13年9月の最高値まで92%上昇していた。

 シンガポールの不動産サイクルのターニングポイントは「恐らく香港より近い。市場が底入れしつつあると感じている」とチョウ氏は指摘した。(ブルームバーグ Pooja Thakur、Klaus Wille)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。