越最大手、輸入車の急増に対抗 自動車設備投資に1500億円 (1/2ページ)

2016.5.30 05:00

首都ハノイの道路。ベトナムは価格面で優位なASEANからの完成輸入車が増加している(ブルームバーグ)
首都ハノイの道路。ベトナムは価格面で優位なASEANからの完成輸入車が増加している(ブルームバーグ)【拡大】

 ベトナムの自動車最大手チュオンハイは、事業の拡大を加速する。2018年までに30兆ドン(約1500億円)を投じ、生産能力の増強や販売網の拡大を図る。同国は、東南アジア諸国連合(ASEAN)域内からの輸入車の流入が優遇関税により増加しており、同社は競争力向上が急務となっている。現地経済紙ベトナム・インベストメント・レビューなどが報じた。

 同社によると、投資額のうち20兆3000億ドンを中部クアンナム省チューライ開放経済区にある生産工場の拡充や、新たな生産工場の設置に充てる。同社は、同国で人気が高まっているマツダ車の生産も手掛けており、乗用車の年間生産能力を合計10万台に引き上げる。さらに、トラックの年産能力を10万台、大型バスを同じく5000台とする。投資額の残り9兆7000億ドンは、販売網の拡大などに充てる計画だ。

 生産能力や販売網の拡大によって、18年までに販売台数15万台、売上高95兆ドンを目指す。15年の販売台数は前年比90%増の8万421台、売上高は89%増の45兆8000億ドンだった。

 ベトナムは、自動車需要の高まりなどに伴い、15年の自動車市場が前年比55.2%増の24万4914台と急伸した。生産コストが低く価格競争力で優位なASEAN域内からの完成車の輸入も拡大している。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。