ロボ導入施設の介護報酬加算へ 政府、市場拡大へ18年度改定から (2/2ページ)

2016.6.11 06:51

高齢者をベッドから起こすために介護ロボを使用する介護者=千葉県(ブルームバーグ)

高齢者をベッドから起こすために介護ロボを使用する介護者=千葉県(ブルームバーグ)【拡大】

 現状、介護ロボットは1台数百万から数千万円と高額なことなどから、施設への導入は進んでいない。性能に懐疑的な施設も多く、ロボット導入よりも介護職員を増員する傾向が強いという。

 経産省は今後、ロボットの価格が下がり、介護報酬の加算などの政策でロボットの施設への導入が進めば、「単純労働をロボットが、複雑な仕事を人間が行う分業化が始まる」と分析。その結果、「労働環境の改善や人手不足の緩和も図られる」と期待する。

 政府が5月にまとめた新たな成長戦略では、ロボットや人工知能(AI)を積極的に活用する「第4次産業革命」で30兆円の市場を創出する目標を明記。介護ロボットの市場規模については、14年の12億7000万円から20年に500億円への拡大を目指すとしている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。