国境越える煙害で提訴検討 シンガポール、インドネシア企業に罰金 (1/2ページ)

2016.6.11 06:25

 シンガポールのマサゴス・ズルキフリ環境水資源相はこのほどブルームバーグとのインタビューに応じ、昨年煙害を発生させたインドネシアの企業を提訴する方向で検討していることを明らかにした。

 シンガポールは、インドネシアに拠点を持ち世界有数の製紙会社であるアジア・パルプ・アンド・ペーパー(APP)の6社のサプライヤーに対し、煙害防止の措置に関する情報の提出を求めた。

 同相は「こうした企業やその役員は自らが行ったことに対する責任をとらなければならない」と強調した。「煙害に関与した企業は、煙害発生につき最大で1日当たり10万シンガポールドル(約788万円)の罰金が課される」とも指摘した。

シンガポールでは煙害は健康に害を及ぼすとして社会問題に

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。