政府、「インボイス」導入は21年度 軽減税率延期も予定通り (1/2ページ)

2016.6.22 06:36

 自民・公明両党は消費税の軽減税率導入に伴う事業者の経理方式について、取引した商品ごとに税率や税額を請求書に記すインボイス(税額票)の発行を予定通り2021年4月から義務付ける方針であることが分かった。消費税増税の再延期で軽減税率の導入は19年10月まで2年半延期するが、インボイスの適用には十分な準備期間があるとみて計画通りに実行する考えだ。

 消費税率10%時に飲食料品の税率を8%に据え置く軽減税率によって税率が複数になると、事業者は請求書にそれぞれの税率の商品を区別して記さないと正確な納税額を計算できなくなる。そこで欧州などで普及するインボイスを導入することになった。

 だが、請求書に商品ごとの税率や税額、事業者の登録番号などを細かく書き込むとなると、経理事務は複雑になり、システム投資なども必要になる。このため17年4月からの軽減税率導入に対し、インボイスは21年4月からとし、その間は経過措置で現行の経理方式を基にした簡易な方式を認めることにしている。

この準備期間をめぐって、与党の税制調査会の幹部は…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。