【東京都知事選 会見詳報】自民・小池百合子「崖から飛び降りる覚悟で」 (1/8ページ)

2016.6.29 15:12

東京都知事選への出馬の決意を表明し、引き揚げる自民党の小池百合子氏=29日午前、国会
東京都知事選への出馬の決意を表明し、引き揚げる自民党の小池百合子氏=29日午前、国会【拡大】

  • 東京都知事選に出馬する意向を表明した、小池百合子元防衛相(右)=29日午前、東京・永田町の衆院第1議員会館(寺河内美奈撮影)
  • 東京都知事選に出馬する意向を表明し会見場を出る、小池百合子元防衛相(右)=29日午前、東京・永田町の衆院第1議員会館(寺河内美奈撮影)

 自民党の小池百合子元防衛相(63)=衆院東京10区選出=は29日、国会内で記者会見し、東京都の舛添要一前知事の辞職に伴う都知事選(7月14日告示、31日投開票)への立候補を表明した。自身のカラーである黄緑のシャツに、白いスーツをまとって会見に臨んだ小池氏の発言要旨は以下の通り。

 自民党議員として、崖から飛び降りる覚悟で出馬

 「このたびの都知事選に、自民党議員として出馬の決意を固めた。地元の有権者はじめ、さまざまな方々から立候補の要請をいただいた。熟考した結論だ。都政の信頼回復、停滞の解消、山積する現在の課題の問題解決、希望あふれる未来の首都・東京の構築のために、崖から飛び降りる覚悟で挑戦したいと思っている」

 「未熟者だが、24年間の衆参議員生活、総務庁政務次官を振り出しとして、経済企画庁政務次官、環境相、防衛相、国家安全保障担当の首相補佐官も務めた。行政の実務にかかわってきた。なかでも27万人の自衛隊、防衛省を率いた経験は、私にとってかけがえのないものだ。任命いただいたのはほかでもない第1次安倍晋三政権だった」

 共感を呼び大義を達成するのは行政官にはできない

 「小泉純一郎政権下での環境相、ここでは気候変動対策として、クールビズを発案した。循環型社会構築の意識改革も進めてきた。国民のみなさまの共感を呼び起こして大義を達成する。その道筋を作ることは、行政官ではできない発想だと思う。それによって社会変革も確実に起こってきた。このメガシティー東京において、必要なことは、16万人の都庁職員にもうひとり、行政官を増やすことではない。未来へのビジョンを描き、職員の士気を高めつつ政策を実現することではないか」

ビジョンとは、『東京を守る、東京を進める』だ

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。