空自の新型輸送機「C2」初号機を納入 南西諸島の防衛力強化

2016.6.30 12:24

防衛省に納入された輸送機C-2=30日午前、岐阜県各務原市の川崎重工業岐阜工場(石鍋圭撮影)
防衛省に納入された輸送機C-2=30日午前、岐阜県各務原市の川崎重工業岐阜工場(石鍋圭撮影)【拡大】

  • 防衛省に納入された輸送機C-2=30日午前、岐阜県各務原市の川崎重工業岐阜工場(石鍋圭撮影)
  • 防衛省に納入された輸送機C-2=30日午前、岐阜県各務原市の川崎重工業岐阜工場(石鍋圭撮影)
  • 防衛省に納入された輸送機C-2=30日午前、岐阜県各務原市の川崎重工業岐阜工場(石鍋圭撮影)

 航空自衛隊が配備する次期主力輸送機「C2」の量産初号機の納入式が30日、開発を担当する川崎重工業の岐阜工場(岐阜県各務原市)で行われた。平成30年度までに8機が空自に引き渡される予定。高い輸送能力を備えるC2の配備により、南西諸島の防衛力強化や海外派遣任務への迅速対応が期待される。

 C2は現在の主力輸送機「C1」の後継機で、全長と全幅が約44メートル、全高約14メートル。C1に比べ4倍近い約30トンの貨物を搭載可能で、「機動戦闘車」や「輸送防護車」など大型装備も空輸できる。航続距離も約4倍の約6500キロに伸びる。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。