金正恩氏、新設の最高ポスト「国務委員長」に就任 北、最高人民会議を開催

2016.6.30 07:39

北朝鮮の朝鮮中央テレビが29日放映した、平壌で行われた最高人民会議に出席する金正恩氏の映像(共同)
北朝鮮の朝鮮中央テレビが29日放映した、平壌で行われた最高人民会議に出席する金正恩氏の映像(共同)【拡大】

 【ソウル=名村隆寛】北朝鮮の最高人民会議(国会に相当)が29日、平壌で開かれ、最高指導者の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が新設の「国務委員長」に就任した。朝鮮中央テレビなど北朝鮮メディアが報じた。

 この日の会議には金委員長も出席。国家機構である国務委員会が新たに設けられ、金正恩氏はその最高ポストである国務委員長に「推戴(すいたい)」された。

 最高人民会議では国防委員会、内閣など国家組織の改編や人事、憲法の改正なども行われ、金委員長による“唯一指導体系”の強化が図られたもようだ。

 国家の機構をめぐっては、1998年に廃止されたかつての最高指導機関「中央人民委員会」が復活し、祖父の故金日成(イルソン)主席が務めた同委委員長に金正恩氏が就くとの観測があった。名称こそは違うが、金委員長は国家機構の最高ポストにも就任したことになる。

 最高人民会議の開催は昨年4月以来で、金正恩体制下では7回目。5月上旬の朝鮮労働党大会で新設の党最高ポストである「委員長」に就任した金正恩氏が、国家機構での新たな最高位に就任するかどうかが注目されていた。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。