日本のものづくりの底力 安倍晋三首相が「下町ボブスレー」メンバーと面会

2016.7.12 18:56

下町ボブスレーネットワークプロジェクト・チームによる表敬を受け、送られたTシャツを手にする安倍晋三首相(右)=12日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)
下町ボブスレーネットワークプロジェクト・チームによる表敬を受け、送られたTシャツを手にする安倍晋三首相(右)=12日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)【拡大】

  • 下町ボブスレーネットワークプロジェクト・チームによる表敬を受け、模型を送られる安倍晋三首相(右)=12日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 安倍晋三首相は12日、東京都大田区の町工場が中心となって国産のそりを開発し、ジャマイカのボブスレー代表とともに2018年平昌五輪(韓国)を目指す「下町ボブスレーネットワークプロジェクト」のメンバーらと官邸で面会した。

 そりの模型とTシャツをプレゼントされた首相は「工場は小さくとも、技術をもって日本のものづくりの底力を見せつけていただいた。困難を乗り越え、ジャマイカチームの採用を勝ち取ったことはすばらしい。日本の技術、力を世界に発信する象徴になる」とたたえた。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。