「抑止力逓減実験」を行なうつもりか? 米軍が沖縄を出ていけば中国に侵略促す (1/6ページ)

2016.8.7 17:02

住宅に囲まれた普天間飛行場に並ぶオスプレイ。移転は急務だ=沖縄県宜野湾市
住宅に囲まれた普天間飛行場に並ぶオスプレイ。移転は急務だ=沖縄県宜野湾市【拡大】

  • 政府・沖縄県協議会を前に握手する菅義偉官房長官(右側奥から2人目)と沖縄県の翁長雄志知事=7月21日、首相官邸(斎藤良雄撮影)

【野口裕之の軍事情勢】

 「『中国』の強固な態度は異常だ。強硬に新基地建設を推し進めるのは、あるべき民主主義国家の姿からほど遠い」

 沖縄県の翁長雄志知事が、南シナ海で人工島=軍事基地を造成し「強硬に新基地建設を推し進める」中国に対し、ついに正面きって批判を展開したと喜んだ。翁長知事は、尖閣諸島(沖縄県石垣市)への領海侵犯を繰り返す中国を訪問し、李克強首相と面会(2015年4月)しながら尖閣には一言も触れず、訪中では毎回お静か。それだけに、日米両国政府のみならず、中国政府にも分け隔てなく抗議する当然の姿勢を、今次小欄は採り上げようと思った。中国は自らを「中国流民主主義」だと詐称することがあり、中国に気遣い「民主主義国家」と持ち上げてみせても、翁長知事に限って言えば違和感はなかった。が、小欄の早トチリだった。翁長知事発言の冒頭は『中国』ではなく、『中』が抜けた、単なる『国』であった。正しくは-。

 「『国』の強固な態度は異常だ。強硬に新基地建設を推し進めるのは、あるべき民主主義国家の姿からほど遠い」

 沖縄県内の米軍基地問題にまつわる、わが国政府の取り組みを相も変わらず批判したに過ぎなかった。前日の7月21日、翁長知事は首相官邸で開かれた政府・沖縄県協議会で、中国人民解放軍海軍のフリゲートが尖閣諸島周辺の接続海域に侵入する(6月9日)といった緊迫情勢を受け、地域住民の安全確保に向け万全の態勢で取り組むよう菅義偉官房長官らに要請しており、その先入観が早トチリを促したようだ。

日本国民の大多数の大人が、主義主張に関係なく、中国人民解放軍の「脅威」を…

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。