「国の借金」1053兆円 増え続ける国債、財政健全化遠く (2/2ページ)

 消費税率10%への引き上げが再延期されることも響く。社会保障に必要な財源の3分の1は事実上、赤字国債で賄われており、増税で国債発行を年3兆円抑える効果が見込まれるが、増税は19年10月までの再延期が決まったため、引き続き赤字国債で賄うしかない。

 それでも政府は、主に税収で政策経費が賄えるかどうかを示す基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)を20年度に黒字化する目標を掲げる。ただ内閣府は、バブル期並みの高成長が続いたとしても、20年度に5.5兆円ものPB赤字が残ると試算する。

 財政再建を着実に進めるためには、社会保障分野を中心とした徹底的な歳出改革が不可欠だ。同時に構造改革も積極的に進めることで、0%台にとどまる潜在成長率を高めて税収を増やす取り組みも重要になる。(中村智隆)