中国、新たに軍艦用埠頭建設 尖閣諸島から300キロ北西

 東シナ海の沖縄県・尖閣諸島から約300キロ北西に位置し、中国軍が軍事拠点として整備を続けている浙江省温州市の南●(=鹿の下に机のつくり)(なんき)列島で、軍用埠頭が新たに建設されたことが19日、分かった。関係者が明らかにした。

 関係者によると、埠頭は列島最大の島、南●(=鹿の下に机のつくり)島で建設された。長さ70~80メートルで、揚陸艇も利用できる。既に複数の軍艦の出入りが目撃されている。計画中とされる軍用滑走路の建設は始まっていないようだが、今春には軍用機も参加した演習が行われたという。

 尖閣からの距離が、米軍基地のある沖縄本島よりも約100キロ近い南●(=鹿の下に机のつくり)列島には既に最新鋭レーダーが設置された。埠頭の完成により軍事拠点としての機能が強化される。

 温州市では昨年5月に愛知県の50代男性が拘束、起訴された。男性は南●(=鹿の下に机のつくり)列島の軍事施設を調査していたとみられる。(共同)