ニセコ、外国人定住で人口増「日本人は絶滅危惧種かと」 国際学校設立、外国語の看板も (3/5ページ)

2016.8.29 06:37

冬のニセコには、国内外からスキーやスノーボード客が押し寄せる(ブルームバーグ)
冬のニセコには、国内外からスキーやスノーボード客が押し寄せる(ブルームバーグ)【拡大】

  • 北海道・倶知安町でのラフティングツアー。冬のスキーだけでなく、夏のレジャー客も増えている(ブルームバーグ)
  • 元ニセコ町長で衆議院議員の逢坂誠二氏(ブルームバーグ)
  • 倶知安町ひらふのリゾートエリアに建ち並ぶホテルやコンドミニアム(ブルームバーグ)

 外国人観光客の増加も目立つ。ニセコ町の外国人宿泊客延べ数は11年間で約13倍の約18万人(15年度)、倶知安町は9年間で約4.3倍の39万人(同)となった。倶知安町は外国人住民の転入から転出を差し引いた純増数(276人)が町村単位では全国1位。ひらふ坂近くのコンビニにはオーストラリア人に人気のペースト状の食品「ベジマイト」も店頭に置かれている。

 景観維持への努力

 町が変貌していく中で住民が重視しているのは、抑制的な開発投資と地域の価値を損なわない景観維持だ。元ニセコ町長の逢坂誠二氏(現衆議院議員)は、インバウンドで調子が良い時とはいえ「これ以上投資を過熱させないべきだ」と語る。バブル期に人気だった新潟県の苗場スキー場周辺はリゾートマンションが次々に建設されたが、スキー客の減少とともに人気が衰退し、2LDKの物件が10万円で売りに出されている。

 観光客の取り込みに向けてニセコ地区ではパークハイアットやリッツ・カールトンといった外資系ホテルの開業計画が相次いでいる。ただ、町の自然や景観を損なわないため、さらに供給過剰やサービスの低下につながらないようにしたいというのが地元の基本姿勢だ。

「鉄塔を建てるNTTはニセコは日本で一番厳しいと言っている」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。