バングラ、縫製工場以外も監査 火災事故受け、労働者の安全確保急ぐ (1/3ページ)

 バングラデシュは、10日に首都ダッカの北方、トンギの包装工場で発生した大規模火災事故を受け、国内で稼働する縫製業以外の工場の安全監査が実施される見通しだ。トンギの火災事故では22日までに少なくとも35人が死亡、70人が負傷したもようだ。現地紙デーリー・スターが報じた。

 同国は、2013年にダッカで複数の縫製工場が稼働するラナ・プラザビルが崩壊し、1036人が死亡した事故が発生して以降、衣料品製造など縫製業の工場の安全監査を強化してきた。これまでに外国の2監査機関が縫製工場2000カ所を監査したのをはじめ、バングラデシュ政府も国際労働機関(ILO)と協力して2000カ所の監査を進めている。

 ラナ・プラザ崩壊事故後に発足した政府の工場・施設監査局(DIFE)の幹部は「トンギの火災事故は大きな教訓になる」と述べ、縫製業以外の工場でも監査を実施する必要があるとの認識を示した。老朽化している工場も多くあり、早急に労働者の安全を確保しなくてはならないとの考えだ。

ただし、監査は縫製工場だけで手一杯なのが現状で…