村を変えたエコツーリズム カンボジア南西部コッコン州 (1/3ページ)

2016.9.29 05:00

森林の中に突如として現れたチーパットの滝=カンボジア南西部コッコン州
森林の中に突如として現れたチーパットの滝=カンボジア南西部コッコン州【拡大】

  • 観光の拠点となるチーパットのセンター。竹などをふんだんに利用した美しい建物だ

 木立の間から、勢いよく流れ落ちる水の音がする。カンボジア南西部のコッコン州チーパット地区。近づくと、雨期で水量が増した滝の冷たいしぶきが、汗ばんだ身体に気持ちよく降り注いだ。

 カンボジアでは、東南アジアでも指折りの豊かな自然を生かしたエコツーリズムの開発・整備が少しずつ広がっている。世界遺産「アンコールワット」以外のカンボジアも知ってもらいたいと、観光当局は国内の「地域主導エコツーリズムサイト(CBET)」をリストアップするなど積極的に取り組んでいる。

 その中でも欧米人旅行者を中心に知名度を上げているのが、コッコン州チーパット地区のCBETだ。4つの村からなり、約600世帯、2000人余りが暮らす。カルダモン山脈を覆う豊かなジャングルと川に恵まれた静かな地区で、国際非政府組織(NGO)のワイルドライフ・アライアンスとともに2007年から村の整備に取り組んでいる。

 ◆自然を「お金」に

 「信じられないかもしれないが、この村はほんの十数年前までカネと暴力と欲望にまみれていた」と、ワイルドライフ・アライアンスのトゥイ・ソパニさんは言う。カンボジアでは1991年の内戦終結後も、治安の不安定な状況が続いた。このため、地方の開発は進まず、手つかずのまま残った熱帯雨林では、違法伐採と貴重な動物たちの密猟が横行していた。チーパット地区はそんな密猟者たちの拠点の一つで、中心部にはカラオケパブと酒場が立ち並んでいたという。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。