新浪氏が3%賃上げ方針 榊原氏「経済界の公約でない」

2016.9.30 23:37

経済財政諮問会議に臨む安倍晋三首相(左側手前から3人目)ら。右端は経団連の榊原定征会長=30日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)
経済財政諮問会議に臨む安倍晋三首相(左側手前から3人目)ら。右端は経団連の榊原定征会長=30日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)【拡大】

 サントリーホールディングスの新浪剛史社長による「3%の賃上げ」発言について、経団連の榊原定征会長は30日の経済財政諮問会議終了後に記者団に対し、「自社(サントリー)のお話で、その決意を表された。それ以上でもそれ以下でもない」と語り、経済界の目標や公約として一人歩きすることへの警戒感を示した。

 榊原氏は「賃上げのモメンタム維持では経済界は一致」としながらも、具体的な数値目標には現時点では賛同しない状況だ。

 一方、新浪氏は記者団に「2%の物価上昇を達成するには、最低でも3%の賃上げは必要。日銀や政府の取り組みに対し、企業経営者が取り組みを明確にする必要がある」とし、経済界として3%の賃上げを表明していると強調。諮問会議の民間議員の間で、賃上げをめぐる考えの違いが浮き彫りになった形だ。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。