築地移転延期 「一体どういうことなの!」小池都知事、ドイツの空港でブチ切れ (1/3ページ)

2016.10.2 09:16

定例会見で、豊洲市場の盛り土問題の内部調査結果などを報告する、小池百合子東京都知事=30日、東京都新宿区の東京都庁(寺河内美奈撮影)
定例会見で、豊洲市場の盛り土問題の内部調査結果などを報告する、小池百合子東京都知事=30日、東京都新宿区の東京都庁(寺河内美奈撮影)【拡大】

 築地市場(東京都中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の主要施設下に土壌汚染対策の盛り土がなかった問題は、東京都の内部調査で責任者を解き明かせぬまま、舞台は都議会での審議に移る。都議会の一部会派から豊洲整備に携わった石原慎太郎元知事のほか、都庁の元幹部の参考人招致を求める動きが出ているが、会派間の温度差もあり、真相解明の機会として実現するか注目される。

 小池知事が激怒

 「一体どういうことなのか」

 リオデジャネイロ・パラリンピックの閉会式(日本時間9月19日)に出席後、帰国のためドイツ・フランクフルトの空港に待機していた小池百合子知事に、豊洲市場に絡む1本の報告が入った直後、小池知事はこう語気を強めた。

 豊洲市場の環境影響評価(アセスメント)の実施後、都の中央卸売市場がアセスメントを担当する環境局側に、盛り土がないことを伝えていなかったとする報告。市場側は盛り土以外の計画変更については細かく環境局側に伝えていただけに、その事実について小池知事が激怒したというのが真相だ。

 「盛り土の有無で環境アセスの方法も変わるはずで、知事は市場が盛り土がない事実を隠すため、故意に報告しなかったとの疑いを強めたのではないか」。幹部の一人はこう話した。

内部調査の限界を象徴する一文を…

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。