公明税調会長、所得税改革の方向性盛る 来年度大綱に (1/2ページ)

2016.10.7 05:00

取材に応じる公明党税制調査会の斉藤鉄夫会長=6日、東京都千代田区
取材に応じる公明党税制調査会の斉藤鉄夫会長=6日、東京都千代田区【拡大】

 公明党税制調査会の斉藤鉄夫会長は6日、フジサンケイビジネスアイの取材に応じ、配偶者控除や基礎控除の見直しなどの所得税改革について、方向性や工程表を2017年度与党税制改正大綱に盛り込みたい考えを明らかにした。政府・与党は17年度改正で配偶者控除の廃止を見送る方針で、改革自体が先送りされる格好だが、中期的な見直しに備える。

 斉藤氏は年末に向けた与党の議論で「まず、改革の方向性、理念をしっかりさせることが必要」とした上で「工程表も検討したい」と述べた。

 専業主婦世帯の税負担を軽減する配偶者控除の見直しをめぐっては当初、夫婦であれば年収にかかわらず適用する「夫婦控除」を導入する案が有力視された。斉藤氏は対象世帯が増える分「中・高所得者に所得制限が必要になる」との問題点を指摘し、「負担が増える方が納得できる丁寧な説明と時間が必要」と強調した。

「女性の働き方に中立な税制という問題意識に対しての解ではない」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。