【高論卓説】日中が「なじみの友達」になるために 民間交流で相互理解を深めよ (1/4ページ)

 「第12回東京-北京フォーラム」が9月27、28日に東京で開催され、恒例の日中世論調査の結果が公表された。2016年の日中両国民の相手国に対する印象は、日本が「どちらかといえば良くない」を含めた「良くない」が91.6%を占め、逆に中国の日本に対する「良くない」は76.7%だった。

 05年以降実施されている調査結果によると、日本の中国に対する印象が「良くない」というのは13年に初めて90%を超えてからほぼ90%前後のままだ。中国は13年に90%を超え、その後、徐々に下がっている。両国とも「良くない」がピークを迎えたのは、12年の尖閣諸島の所有権の移転がきっかけだが、その後の動きに差がある。

 日本政府観光局(JNTO)によると12年に143万人だった訪日中国人旅行客は14年241万人、15年499万人と急増し、16年1~8月期も448万人と前年同期比34%の増加を続けている。

 中国の日本に対する印象が改善傾向にあるのは、日本への旅行客が増加傾向にあることもその要因であろう。日本に来てみて日本人や日本文化とじかに接することで日本に対する好感度がアップし、また行ってみたいという情報がネットを中心に広まっている。

日本の中国に対する印象は、あまり改善していない