サムスン“火噴きスマホ”だけではない韓国企業の信用問われる事態 現代自動車にも欠陥疑惑 (1/3ページ)

2016.10.20 06:30

販売停止に追い込まれたギャラクシーノート7。発火報告が相次いだ(AP)
販売停止に追い込まれたギャラクシーノート7。発火報告が相次いだ(AP)【拡大】

 世界を仰天させた“火噴きスマホ”騒動が収まらない。バッテリーの欠陥による発火トラブルが相次ぎ報告された韓国サムスン電子の新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」。同社は米国や韓国でリコール(回収・無償修理)を余儀なくされたが、部品交換されたスマホからも煙が上がったとの報告が寄せられ、ついに「謝罪」のうえに払い戻しにまで追い込まれた。だが韓国企業の問題はこれだけではない。韓国メディアによると、現代自動車のエンジンに欠陥が潜む可能性が指摘され、韓国当局も調査に乗り出したという。もはや韓国企業全体の信用が問われる事態だ。

「煙が出た!」航空機の乗客が避難

 「ご心配をお掛けしたことを深くおわびします」。ノート7を8月に発売してからわずか2カ月での販売停止と謝罪に追い込まれたサムスン電子。ノート7の発売直後から発火の報告が寄せられ、9月にリコールに踏み切るも、驚くことに代替品でも「煙が出てくる」という異例のトラブルが報告され、ダメージは決定的となった。

 これまで発火原因としていた「バッテリーの欠陥」以外にも問題がある可能性があり、調査には時間がかかりそうだ。朝鮮日報(日本語電子版)は「スマホの設計自体にミスがある可能性が取り沙汰されている」と報じた。

スマホなのに…ギャラクシーノート7はもはや「爆発物扱い」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。