【米大統領選】円相場、乱高下の果てに103円半ば トランプ氏勝利でもドル買い進む

米大統領選開票状況で激しく下落変動した日経平均株価。トランプ候補の当選確実が報じられると、ドル円為替は円安に動いた=9日、東京都港区東新橋の外為どっとコム(桐山弘太撮影)
米大統領選開票状況で激しく下落変動した日経平均株価。トランプ候補の当選確実が報じられると、ドル円為替は円安に動いた=9日、東京都港区東新橋の外為どっとコム(桐山弘太撮影)【拡大】

 9日の外国為替市場は、朝方に105円台前半をつけていた対ドル円相場が、米大統領選でトランプ氏優勢を受けて、一時101円付近まで急騰したが、その後は落ち着きを取り戻して円安に転じた。

 トランプ氏の勝利宣言後にはドルが買い戻される動きも進み、午後6時ごろの海外市場では103円台半ばで取引された。

 東京株式市場ではトランプ氏の優勢が強まった午後に、日経平均株価が一時1000円安を超える暴落となったことで、円相場も100円割れが懸念された。しかし午後2時ごろの101円10銭台が高値となり、そこからはじりじりと円安ドル高に戻す動きとなった。

 夕方に大統領選でのトランプ氏の勝利が確定した後の今後の欧米市場でも、ドル買い基調が強まると予想されている。