安倍首相、トランプ氏会談 TPPかRCEPか…メガFTA、米中の主導権左右 (1/2ページ)

2016.11.19 06:17

 安倍晋三首相と次期米大統領、ドナルド・トランプ氏との会談は友好的なムードで終わったが、トランプ氏が脱退を掲げる環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の発効は見通せないままだ。日本は米国が離脱すれば世界の自由貿易の軸足が中国に移る懸念に加え、日米主導で合意した「21世紀型の貿易ルール」に加わる利益を強調し、トランプ氏の翻意を促したい構え。

 「TPPの基準をアジア太平洋地域に広げていくべきだ」。世耕弘成経済産業相は17日、ペルーでTPP参加国の貿易担当相による会合を開き、保護主義の流れに対抗するため各国に速やかな批准を呼び掛けた。

 会合は世耕氏が議長を務め、オーストラリアやニュージーランド、マレーシア、シンガポール、ベトナム、ブルネイが参加した。各国はTPPに加え、もう一つの巨大自由貿易協定(メガFTA)交渉にも名を連ねている。中国が力を入れ、米国が参加しない「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」だ。

 世耕氏は「質の高いRCEPを加速させることが共同の責務だ」とも指摘。トランプ氏が説得に応じない場合、市場の規律と法の支配に基づく日米主導の貿易秩序は見限られ、地域の覇権が中国に移る。そんな“警告”が透けてみえる。

 TPPか、RCEPか。2つのメガFTAのうち、どちらが実現するか。その行方次第で、米中どちらがアジア太平洋の経済ルール作りで主導権を握るかが左右される。

TPP脱退は中国の立場を強めることに

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。