安倍首相の記者会見詳報 「オバマ大統領に感謝」「TPPは米国抜きでは意味がない」 (2/8ページ)

 今回の訪問では、アルゼンチンのマクリ大統領、ペルーのクチンスキー大統領と、日本と両国との関係を戦略的パートナーに引き上げていくことで合意いたしました。ペルーでも、ここアルゼンチンでも、日系人のみなさんいお目にかかる機会を得ました。持ち前の勤勉さで地域の発展に力を尽くし、深い信頼を勝ち得てこられたみなさんに心から敬意を表したいと思います。同時に、戦前、戦中、戦後、日系人の皆さんが乗り越えてきた幾多の困難に思いをはせ、私たちの同胞を温かく迎えてくださった南米のみなさんの寛容さに感謝の念を抱かずにはいられません。

 かつて、世界恐慌を契機に極端な保護主義や排他主義が紛争の芽を育て、世界を戦争へと駆り立てました。その反省を胸に深く刻み、自由で開かれた経済こそが平和と繁栄の礎であると私たちは改めて認識する必要があります。決して内向きになってはなりません。活力あふれる世界にこそ、成長のチャンスがある。こうした発想の原点に私たちは立ち戻るべきであります。それが今年のAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の最大のテーマでありました。日本が提唱し、APECが誕生してから30年近く、相互の情報のグローバルな流れは飛躍的に拡大し、かつ進化してきました。自由貿易のメリットを最も享受してきたのが、このアジア太平洋地域であります。