配偶者控除、夫の年収1220万円から適用外 政府・与党が所得制限検討 (2/2ページ)

2016.11.26 06:41

 政府・与党は、徐々に控除額が減っていく形の所得制限を検討している。具体的には、夫の年収が1120万円以下までは38万円の控除を受けられるが、1120万円超からは段階的に控除額が減っていき、1220万円になるとゼロになる仕組みだ。

 一定の年収を境に全ての控除を一気に適用外にすると、世帯の手取額が急に減ってしまうための措置だが、与党内には制度の複雑化を懸念し、年収1120万円を超える世帯を全て対象から外すべきだとの意見もある。

 自民、公明両党は25日に与党税制協議会を開催し配偶者控除見直しについて調整を進めた。12月8日に2017年度税制改正大綱をまとめる方向だ。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。