【配偶者控除見直し】300万世帯に恩恵 就労促進は道半ば 高所得世帯の消費抑制も (1/2ページ)

2016.12.2 22:10

 「働き方改革」を掲げる政府・与党は配偶者控除の見直しにより、税負担増を嫌って働く時間を増やすのに消極的だったパート主婦らの就労を促す。ただ「103万円の壁」以外に、社会保険料の負担や企業の配偶者手当ての支給基準など、就労を阻む壁は残る。控除の対象から外れる高所得世帯は増税となり、景気にはマイナスに作用するとの懸念も根強い。

 配偶者控除は妻の年収が103万円以下であれば、夫の所得から38万円を差し引いて税負担を軽減する。このため、年収が103万円以下になるよう就労時間を制限するパート主婦らが多いと指摘されていた。

 現在、年収100万円以下のパート主婦の割合は56・2%、150万円以下が85・6%にのぼる。年収要件の引き上げで300万世帯超は減税の恩恵を受ける見通しだ。政府は最低賃金を「1時間あたり1千円」に引き上げる目標を掲げるが、仮に時給1千円で1日6時間・週5日勤務した場合の年収は約144万円で、年収要件の拡大の範囲に含まれる見通しだ。

 ただ、配偶者の就労を妨げる「壁」は他にもある。例えば、年収130万円になると厚生年金や健康保険の支払いで、手取りが減る。10月からはこの基準が大企業で106万円に引き下げられた。また、企業が支払う「配偶者手当て」も、支給基準の多くが現行の配偶者控除と同じ103万円に設定されている。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。