NY株大幅続伸、297ドル高 3日連続で過去最高値 NY外為113円後半

 7日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は前日比297・84ドル高の1万9549・62ドルで取引を終え、終値の最高値を3日連続で更新した。上げ幅は11月7日以来1カ月ぶりの大きさで、米大統領選後では最大となった。

 一時は1万9558・42ドルまで上昇し、取引時間中の最高値も更新した。金融やITなど幅広い銘柄に買いが入った。

 欧州中央銀行(ECB)が8日の理事会で追加金融緩和を決めるとの観測が強まり、株式などリスクの高い資産を買う動きが広がった。

 幅広い銘柄で構成するSP500種株価指数も29・12ポイント高の2241・35と最高値を更新した。ハイテク株主体のナスダック総合指数は60・76ポイント高の5393・76だった。

 同日のニューヨーク外国為替市場の午後5時現在は前日比27銭円高ドル安の1ドル=113円69~79銭。ユーロは1ユーロ=1・0748~58ドル、122円25~35銭だった。(共同)