多様な選択肢から状況に応じ賃上げ 経団連会長が来春闘方針

2016.12.20 06:03

 経団連の榊原定征会長は19日の定例会見で、来春闘の経営側方針は「年収ベースでの賃金の引き上げを図っていく。その内容は定昇、ベア、一時金、手当など多様な選択肢から、各社の状況に応じて決めていくことを打ち出す」と説明した。従業員の基本給を一律に引き上げるベースアップ(ベア)にも言及し、安倍晋三首相からの「4年連続ベア実現」と歩調を合わせる。来春の物価上昇を加味した「期待物価上昇率」については「付加的な要素として期待物価上昇率も労使の議論の対象にする」と表明した。

 経団連幹部によると、賃金引き上げの前提となる企業業績について、今年までは「業績の改善した企業」としていたが、来年の方針では「業績の改善基調の企業」も追加し、賃上げが幅広く行われるようにする。さらに春闘指針での景気認識で「先行きの明るさ」を強調し、賃上げムードを醸成する考えだ。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。