北陸新幹線、小浜京都ルート正式決定 新大阪までは年度内に結論

2016.12.21 06:30

 北陸新幹線で未着工となっている福井県・敦賀-新大阪のルートについて、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(PT)は20日、福井県・小浜から南下し京都を経由する「小浜京都ルート」の採用を正式決定した。このうち京都-新大阪は、東海道新幹線の北側を通る北回り案か、京都府南部を経由する南回り案かの判断を先送りし、年度内に結論を得るとした。

 1973年の整備計画決定から40年以上たち、北陸新幹線のルート問題はようやく決着。2兆円を超す建設財源の確保や、2031年春以降と想定される着工時期の前倒しなどが課題となる。

 PTの検討委員会は14日、北陸と関西の移動時間、料金などから総合的にみて、小浜ルートが適切とする中間報告をまとめていた。残りの2案は滋賀県・米原で東海道新幹線に乗り換える「米原ルート」と、京都・舞鶴を経由する「小浜舞鶴ルート」だった。

 国土交通省の試算では、小浜ルートは北回り案の場合、建設費は2兆700億円で工期は15年。敦賀-新大阪の所要時間は3ルート案で最短の43分で料金も最も安くなるなど、利便性が優れ投資効果も見込めるとされた。開業は早くても46年春となるが、地元自治体や国会議員から前倒し着工を求める声が強まっている。

 京都-新大阪をめぐっては、中間報告は北回り案を建設コスト面で「優位」とし、関西文化学術研究都市を通る南回りは地域開発の観点から「有望」とした。営業主体となるJR西日本は北回りを支持し、京都府は南回りの採用を求めている。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。